妊婦と青汁

妊婦と青汁

妊婦になって、普段自分の摂っている栄養が気になると思います。
しかし、つわりで充分な食事がとれない場合や、体調の変化で食事にも気を付けにくい事が多々出てきます。
その時の救世主が「青汁」です。
1日1杯で、妊婦期間に摂取してほしい栄養素を沢山含んでいるからです。

青汁は今や健康ブームでもあるためか、知らない人もいないような健康食品です。
野菜の栄養素を充分に含んでいるので、普段から野菜を取りにくい人でも充分に栄養を摂る事ができます。
その青汁は妊婦さんにおススメしている産婦人科も少なくありません。
妊婦期間に摂取してほしい栄養素を沢山含んでいるからです。

  • 「葉酸」
  • 妊娠すればサプリメントでも摂取した方が良いといわれている栄養素。
    ビタミンBの一つで、特に妊娠初期に摂ってほしい栄養素です。
    脳や心臓など人間の中枢を作る際に必要な栄養素です。
    胎児の神経管閉鎖障害と呼ばれている無脳症などの発症を予防する効果があります。

  • 「食物繊維」
  • 妊婦は便秘になりやすい傾向があります。
    青汁の原料となる野菜には食物繊維が豊富に含まれるため、便秘解消と予防効果が期待できます。

  • 「鉄」
  • 妊婦の貧血は多いといわれているので、貧血予防には最適です。

  • 「カルシウム」
  • 赤ちゃんにも沢山必要であり、骨を作るには必須の栄養素です。
    また骨を作るのには、ビタミンが必要ですので、青汁で妊婦に必須の栄養素が摂取しやすいのです。

    ただ身体に良いものだからといって、妊婦が飲み続けても大丈夫なのでしょうか?
    青汁は妊婦や小さい子どもでも安心して飲める物がたくさんあります。
    体に良い物も飲みすぎればお腹を壊す事もありますが、適量を守っていれば妊婦が飲み続けても問題ありません。
    中にはカフェイン入りの青汁もありますから、妊娠中のカフェインが気になる方は、ノンカフェインの青汁を選んでください。

    妊婦さんにとって、青汁は手軽に栄養を摂取できる良い飲み物であります。
    飲み過ぎさえ注意すれば、赤ちゃんや妊婦さんにも悪い影響がないので、毎日の習慣にするとよいかもしれません。

    こちら↓から人気青汁ランキングがご覧いただけます。