無添加の青汁が飲みたい

無添加の青汁が飲みたい

青汁は、野菜不足解消を手軽にできる健康飲料です。
以前はまずくて飲みづらいというイメージからか、なかなか手を出せずにいる人も多かったようですが、今ではフルーツ味や抹茶味など飲みやすいものも増えて、続けて飲んでいる人も増えてきました。
その青汁、沢山の野菜や果物が原料でできています。
健康に良い飲み物だから、添加物など入っていないと思われがちですが、実は添加物が入っている青汁もあるのです。

せっかく健康への体質改善のために青汁を飲むのに、体に悪いとする添加物が入っているものは極力飲みたくないです。
できれば無添加で、国産にこだわった野菜100%のものを選びたい、と思います。
中には有名なメーカーでも中国産や添加物が入っている青汁もあるのです。
青汁の産地、とくに中国産は気を付けた方が良いといいます。
農薬が普通の量より多く入っている可能性があるからです。
国産がすべて信頼できるとは言い切れませんが、それでも国産に対する信頼度は高いです。

もし青汁を選ぶのであれば、無添加で無農薬の国産青汁を選ぶことをおススメします。
無添加かどうかはパッケージや宣伝文句で分かりますが、中には規定量以下の場合は表示義務のない添加物も存在します。
表示だけを鵜呑みにせず、メーカーのホームページなどで加工工程や、使用する原料なども細かく調べてみてください。
信頼できるメーカーは、きちんと原料を提携して無農薬や無添加で作っている事をしめしたチラシを入れています。
また原材料表でも無添加かどうかをチェックする事ができます。

人工甘味料のスクラロースや、着色料のクチナシ色素は良く見かける添加物です。
これらが入っている場合は、避けた方がよいでしょう。
賞味期限を延ばすための保存料なども確認できます。
また、原材料表はJAS法で表示方法が決まっていて、重量の多い物から表示されています。
添加物もすべて重量が多いものから表示されています。
上の方に添加物表示があれば、できれば避けたいものです。

また無添加の青汁でも、栄養素が少なかったり栄養が偏っていれば良質とは言えません。
栄養バランスなどもチェックしておくとより安心です。

添加物がちょっと入っているからといって、そんなに過剰な反応があるわけではありませんが、やはり健康に気を遣って飲むものであるので、できれば良いもので無添加にこしたことはありません。
飲みやすさやコスパももちろんですが、体に良いものを飲むのであれば、悪いものが入っていない安全性の高い青汁を選びたいです。