青汁の過剰摂取は止めよう!

青汁の過剰摂取は止めよう!

青汁は健康飲料の中でもポピュラーで、その効能はしっかりと認知されています。
健康に気を遣い、野菜不足解消のために青汁をたくさん飲んでおけば、以前より健康でいられる、と思いがちです。
確かに、体に良いものをたくさん入れれば、体には良い影響が起こるかもしれません。
しかし、身体に良いものも、あまり摂りすぎるとよくありません。過剰摂取は、体に良くない影響ももたらします。

なぜ、青汁の過剰摂取をやめた方が良いのでしょう?

青汁は健康食品であることから、副作用はありません。
ただ、飲み過ぎる事で、体に影響があるだけです。

理由の一つは、食物繊維が豊富なために、飲み過ぎるとお腹が緩くなるということ。
特にお腹が弱い人は、下痢が続く人もいます。
では、ダイエットのために、飲んだ方がお腹が緩くなって、痩せるんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、それは危険な行為です。
下痢が続くと体の水分が外にでて、水分不足になります。
しびれやめまい、または吐き気などが出て来てしまうと危険です。
また食物繊維なので、下痢になりやすいと思いきや、かえって便秘を促してしまったパターンもあります。
これは、腸内環境のバランスが崩れたことが原因と考えられます。

腎臓病や心臓疾患のある人が飲み過ぎるとよくありません。
青汁に含まれているカリウムが、体にたくさん溜まってしまって塩分が体内に溜まってしまいます。
本来であれば、カリウムは塩分を外に出すものですが、過剰摂取によって、カリウムが排出できず、塩分も外に出なくなってしまうのです。
できれば、青汁を飲む事をかかりつけのお医者さんに相談する方が良いくらいです。

また、ワーファリンという薬を飲んでいる人は、とくに過剰摂取をしない方が良いです。
心臓疾患や血液の循環に疾患がある人に出される薬で、血管を詰まる事を防ぎます。
ビタミンKの影響がよくなく、ビタミンKを摂取しすぎると、血液が固まってしまうことがあります。
ワーファリンを処方される時は、青汁や納豆などビタミンKを多く含む物は摂取いないよう医師や薬剤師から注意がありますので、青汁は控えておきましょう。

適度でメーカーが定めている摂取量を守って飲む事で、体に良い影響があるのは明らかなのが青汁です。飲み過ぎず、適量を守って飲む事が大切です。
また、持病もちの方は、医師への相談が必要になります。