青汁で口内炎解消!

青汁で口内炎解消!

口内炎は口にできると、とにかく口が痛い!何しても気になる!
一度なるとクセになる人も多いです。

どうして青汁が口内炎に良いといわれるのでしょうか?
口内炎の原因と、青汁の効果について調べてみました。
早く治したいし、できれば癖にならないようにしたいし…そんな人には青汁がおススメです。

口内炎の原因で一番にいわれるのは、ビタミン不足、またはミネラル不足です。
とくにビタミンB群が不足すると口内炎ができやすくなるといわれています。
粘膜を形成するのがビタミンなので、口の中に炎症を起こしやすい状態になっている事から口内炎になります。
ミネラルの中でも亜鉛は、タンパク質合成には欠かせない成分ですから、ミネラル不足も口内炎の原因となります。

また同じ原因で胃が悪くなって口内炎が出来る人も。
同じ原理で粘膜を形成するのに必要な栄養素が足りてないことから起こります。

さらに疲れていて、口の中を噛んだりしてそこから炎症を起こし口内炎になる事があります。
その際もビタミン類が不足している事が原因で疲労回復できてない場合があります。
特にビタミンCとビタミンB12には、皮膚の細胞活性の効果が期待できるため、口内炎予防には欠かせません。

ストレスからも口内炎ができやすいです。
ストレスは疲労を増長してしまいます。ストレスから胃が悪くなり、そこから口内炎になる人も。

これらの口内炎の原因になっているビタミン類を青汁は大いに含んでいます。
とくにビタミンB群を含む青汁は多く出ています。
ビタミン類を多く摂取しようと思えば、大量の野菜を食事から摂らないといけません。
生活の中でそれが難しく、そしてコストもかかります。
手軽にビタミンを摂取しようと思うのであれば、青汁はかなり有効な手段なのです。

またカロテンを多く含む大麦若葉の青汁は、粘膜の修正をしてくれるお手伝いをしてくれます。
カロテンを含む野菜は緑黄色野菜の中でも少ないので、青汁を飲む事で早く口内炎が治る効果が期待できます。

そして青汁に睡眠ホルモンとなるメラトニンが入っています。
質の良い睡眠を促してくれて、ストレス解消や疲労回復に一躍かってくれます。
ストレス解消や疲労回復が少しでも出てくれば、口内炎にはかなり効果的です。

口内炎になる原因の多くはビタミン不足です。
そのビタミンを補うには、普段の食生活での野菜ではとてもじゃないけど足らないということもわかりました。
そのために、青汁を摂取する事で、口内炎が早く治る効果が期待できるのです。