青汁は痛風にも効果的?

青汁は痛風にも効果的?

痛風は痛いだけでなく、足の親指の付け根などの関節が腫れてしまい、むくんで歩く事もできなくなる人もいます。
贅沢病と昔はいわれたものですが、今は生活習慣で治る事もあるために、生活習慣病の一つとして考える人もいるくらいです。
その痛風に青汁が効果があるといいます。
なぜ痛風に効果があるのでしょうか?

痛風になる原因は、プリン体の摂取のし過ぎです。
プリン体は色々な食べ物に含まれていますが、ビールに多く含まれています。
そのプリン体は、一定量であれば、体が排泄できるようになっています。
しかし、摂りすぎる事で、排泄できない分が含まれてしまい、血液中の尿酸値が上がります。
尿酸は関節に沈着するので、その沈着してしまった尿酸から関節が炎症を起こして痛風になります。

そんな痛風を治すためには、食生活の見直しが一番といいます。
生野菜を多く摂るようになってから、痛風の改善になったという人もいます。
それくらい野菜不足が影響しています。
青汁は野菜の成分を凝縮した飲み物なので、野菜を摂取できない環境の人でも手軽に摂取する事ができます。
特にカリウムが豊富に入っているケール、ゴーヤ、明日葉を原料にした青汁がおすすめです。
カリウムは尿酸を排泄させてくれます。

また、食物繊維も豊富なので、体の余分な水分も外に排出してくれます。
ダイエット目的で青汁を飲んで痛風予防することもできます。
痛風の人は水分を摂取して、外に排泄する事が大切なので、青汁はその役割を担ってくれます。
ケールや大麦若葉は青汁の原料の中でも特に食物繊維が豊富です。

ただ、青汁にはプリン体が含まれているものもあります。
そのために過剰摂取は控えた方がよさそうです。
1日2杯程度ではそこまで影響があるとはいえませんが、できれば1日1杯程度に抑えるなどして、様子を見た方がよさそうです。
もし体調に変化があれば、ストップする必要があります。

痛風を改善するために青汁を取り入れるのであれば、適度に継続して飲む事、そして、青汁に頼らず、バランスの良い食事、適度な運動を心掛けることで、痛風の改善は早く見られます。