青汁の原料と栄養分って?

青汁の原料と栄養分って?

青汁は体に良い栄養素が豊富に入っているとよく聞きます。
しかし実際に青汁に含まれている栄養分はどのようなものがあるのでしょう?
また原料はどのようなものが入っているのでしょう?
青汁はメーカーによって原料が変わってくるので、一概にコレ、というのは少ないのですが、自分の期待する効能によって青汁を選んでみるのはどうでしょうか?

  • 「ケール」
  • ケールは青汁の原料にも多く使われていているキャベツの一種で、ビタミンやミネラル、食物繊維など豊富に含まれています。
    ビタミンは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれます。
    また睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促し、精神を安定する栄養素を含みます。
    ただ、味に独特のニオイと苦味があります。今は青汁にも味の工夫がされていますが、それでも気になる人は多く、飲みやすさには欠けるかと思います。

  • 「明日葉」
  • 明日葉はセリ科の植物で、栄養素の高いケールよりβ-カロテン、ビタミンを豊富に含みます。
    血糖値や肥満を防ぐなど生活習慣に悩む人には良いといわれています。

  • 「大麦若葉」
  • 大麦若葉はイネ科の植物で、ビタミンやカリウム、カルシウム、食物繊維などの栄養素がバランスよく含まれています。
    身体に良いだけでなく美容にも良いので、女性に人気の原料です。

  • 「桑の葉」
  • 桑の葉は漢方としても使われる野菜で、殺菌や消炎効果が肌荒れを予防し、コレステロールを正常化する作用は高血圧やメタボ予防効果も期待されています。
    整腸作用もあるため、便秘改善にも効果が期待できます。
    青汁独特の味が一番しにくい野菜です。

    そのほか、ゴーヤ、熊笹など栄養豊富な野菜を多く含む青汁はたくさんありますが、多く出回っている青汁には主にこの4つが原料になっています。

    青汁は、一言に健康に良いといいますが、原料によって、栄養素も変わってくるので、期待できる効能も変わってきます。
    飲みやすさも変わってくるので、自分に合ったものを探して、続けられるような青汁を選ぶのが、継続して摂取できるポイントです。