青汁の値段と価値ってイコールする?

青汁の値段と価値ってイコールする?

青汁は他の健康食品と比べると、割と気軽に手に入るものです。
いまや100円均一でも青汁を目にする事ができますし、中には1杯30円程度で飲めるものもあります。
しかしその青汁、原材料や成分は高価格の青汁と比べてどうなのでしょう?
健康のために継続して飲むものですから、価格と価値は気になります。

青汁はとにかく沢山のメーカーから出ている健康飲料です。
粉末だけでなく、ペットボトルやサプリメントも出回っています。
すべての青汁において、メーカーによっての価格のふり幅が広いです。
青汁だけに限らず、価格が高い方が効果が期待できるのかな?
良いものを使っているのかな?と感じませんか?
価格=価値という図式は、大いにあります。
ついつい、健康のために飲むものだから、高いものを購入しようとしてしまいますが、実際の所はどうでしょうか。

実は高い青汁だから良いもので、効果が期待できる度合いが大きい訳ではありません。
良い物を求めて高くなっている青汁もありますから、価値と価格がイコールになるというのは鵜呑みにせず、原料や期待できる効果などで見極めましょう。

最初に青汁を選ぶときには、価格はもちろんですが、成分表を見て決めましょう。
100%国産の野菜が入っている青汁は少ないですが、国産原料を使って、無添加のものを選びます。その中で継続できる価格のものを選ぶとよいでしょう。
無添加で無農薬の青汁は価値が大きいです。
定期購入とかであれば、いくらか割引になり、コストパフォーマンスはよくなります。

青汁は健康食品なので、他の飲み物とは違い、ある程度は値が張ります。
しかし、高ければ効果がある、という考え方は違います。
良心的な価格で質の良い製品もありますし、質の悪い製品でも価格が高くなっているものもあります。